サンデーキッズ6月02日

「パーティーへの招待」

 聖書「マタイの福音書22章1〜14」

   お話

 イエス様は、神の国を「たとえ」で話されました。
 ある王さまが王子の結婚式のパーティーを開くことにしました。しかし、招いていた人たちは様々な理由を付けて断わりました。そこで王は通りに出ていき、出会った人すべてを招待したのです。王さまがパーティーに行ってみると、礼服を着ていない人を見つけました。そこで王さまはその人をパーティーから追い出してしまいます。
 イエス様は、「招待されるものは多いが、選ばれる者は少ない」と言われました。  
 
 当時の習慣では、主人が礼服をパーティー会場の入り口に用意したそうです。招待客はそれを着てパーティーに入るのです。イエスさまは当時の人に解りやすく話されたのです。
 このたとえでは、王は神さまを現し、パーティーは神の国を現わしています。礼服は、イエスさまの十字架と復活を信じて頂く救い(義の衣)を現わし、無償で頂くことができるのです。

 すべての人が神の国に招かれています。神さまからの恵み(イエスさまの救い)は、すべての人に準備されています。しかし、受け取るかは人が決める自由と責任があるのです。ぜひ受け取ることを願っています。  

“今日のテーマ”

「神は御国にすべての人を招いておられる」